プレスリリース

アズジェント、オートモーティブワールドでコネクテッドカー時代に必須となる
セキュリティソリューションを展示

2019年1月10日
株式会社アズジェント
(JASDAQ・コード番号4288)

  ネットワークセキュリティソリューションの提供を主業務とする株式会社アズジェント(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:杉本隆洋、JASDAQ:4288、以下、アズジェント)は、1月16~18日に東京ビッグサイトで開催されるオートモーティブワールド(https://www.automotiveworld.jp/)において、コネクテッドカーセキュリティソリューションの展示、デモンストレーションを行いますので、ご案内いたします。
  尚、会期中は出展ソリューションの開発元担当者も来場し、製品のご紹介をさせていただく予定です。


【アズジェント/Karambaブース(東8ホール No. E61-18)】

開発元:Karamba Security Ltd.(イスラエル)
現在ラスベガスで開催されているCES2019で実施したミニカーのハッキングデモを実施します。
また、以下のソリューションを展示します。

Carwall(ECUセキュリティ):  2年連続 TU-Automotive Best Cybersecurity Product 受賞!
機器の製造過程でECUそのものにセキュリティを施すことにより、他のセキュリティ対策製品に発生しがちな誤検知を回避しつつハッキングから防御します。
SafeCAN(車両内ネットワーク認証):
自動車への物理ハッキングや許可されてないECUから送られてくる不正な通信から自動車を保護するために車両内の通信の認証を行います。
ThreatHive(脆弱性早期発見サービス) :
世界の複数個所に配置されたKaramba社のCloud仮想マシンに開発中のECUソフトウェアを設置、攻撃情報を収集します。収集した情報をアナリシス機能で分析することにより、総合テスト前に脆弱性情報を得ることができます。

【Upstreamブース(東4ホール No. E55-28イスラエルパビリオン内)】

開発元:開発元:Upstream Security Ltd.(イスラエル)
車両に異常が検出されるとSOCへ通知を行うコネクテッドカー向けSOCソリューションを展示します。車両・アプリケーションからサーバに送信される様々なデータを収集し、マシンラーニングを用いてデータのモデリング、プロファイリングを行い、独自の知識で開発された4つのセキュリティエンジンで相関分析を行います。
ブースでは、デモデータを使い、実際のGUI上で脅威情報の確認やポリシーのシミュレーションを行っていただくことができます。

オートモーティブワールドブース



関連商品・サービス

IoTwall、Carwall(コネクテッドカーセキュリティ)

Upstream(コネクテッドカーセキュリティ)