プレスリリース

添付ファイルの暗号化で電子メールの誤送信による情報漏えいを防ぐ
BRODIAEA safeAttach 販売開始

~アズジェント、オレンジソフト社と販売契約~

2009年4月22日
株式会社アズジェント
(JASDAQ・コード番号 4288)

セキュリティソリューション提供を主業務とする株式会社アズジェント(代表取締役社長:杉本 隆洋 所在地:東京都中央区日本橋 以下アズジェント)は、この度、株式会社オレンジソフト(代表取締役社長:日比野洋克 所在地:品川区東五反田 以下、オレンジソフト社)と販売契約を行い、添付ファイル暗号化製品「BRODIAEA safeAttach」(ブローディア セーフアタッチ)の販売を5月より開始します。

【背景】

ビジネスコミュニケーションにおける電子メール(以下メール)の重要性が高くなるにつれてメールの誤送信等による情報漏えいの問題が問題視されています。多くの組織において、社内規程等でメール送信の際には「宛先」、「本文」、「添付ファイル」を確認した上で送信することを定めていますが、ルールを制定しただけでは、誤送信がなくならないのが現状です。この為、ヒューマンエラーを責めるのではなく、システム側で誤送信等を防止し、情報漏えいリスクを減らす仕組みが求められています。

このような背景の中、アズジェントはオレンジソフト社と販売契約を行い、添付ファイル暗号化製品「BRODIAEA safeAttach」(以下、safeAttach)の販売を開始いたします。
safeAttachは、メール誤送信による情報漏えい事故のうち最大の要因といわれている無防備な添付ファイルを自動的に漏れなく暗号化することによって情報漏えいを防ぐソリューションです。サーバ側で添付ファイルの暗号化を自動で行うため、各クライアントにソフトウェアを導入する必要がありません。また、自動で暗号化することにより、ユーザによる「暗号化を忘れた」といったうっかりミスを防ぐことができます。暗号化はZIP形式を利用しているので、受信者も簡単に暗号を復号することができます。ZIP暗号を復号するためのパスワードは、(1)送信者にメールにて通知し、送信者より受信者に電話、別メール等で通知する(2)あらかじめ設定した時間が経過した後パスワード通知メールを自動送信する等の方法によって送信されるため、間違った受信者にパスワードが届くリスクも低減できます。
さらに、safeAttachは、同報配信時のアドレス情報漏えいも防ぐことができます。メール送信時にTo、Ccに設定されたアドレス数が一定数を超えた場合の送信を拒否することで同報配信の際に、本来Bccに記載してアドレスを秘匿するところをToやCcに記載してメール送信をするといったヒューマンエラーを防止します。
上位モデルであるsafeAttach Enterpriseは、safeAttachの基本機能に加え、添付ファイルダウンロードでの情報の受け渡し機能があります。Webからのダウンロード時の認証、ダウンロードの回数制限、公開期限等、詳細な設定を行うことにより柔軟かつ安全なメール運用を提供します 。

【アズジェントのメールセキュリティソリューション】

アズジェントでは、2006年よりスパムメール対策アプライアンス「PineApp Mail-SeCure」の取り扱いを開始しており、メール誤送信対策製品safeAttachはアズジェントの取り扱うメールセキュリティソリューションの第二弾となります。製品の販売は当然のことながら、チェック・ポイント社製品(UTM-1、VPN-1等)、ノキア社製品(Nokia IPシリーズ)の取り扱いにより得たノウハウをもとに、オンサイト保守、構築サービス等を積極的に行っていきます。
また、今後も快適なメール環境を提供するために様々なメールセキュリティソリューションを市場に投入していく予定です。


【BRODIAEA safeAttach について】

■開発元
株式会社オレンジソフト
■販売開始時期
2009年5月
■初年度販売目標
100台
■価格
180万円~
■BRODIAEA safeAttach の特徴
  • 添付ファイルを自動的に漏れなく暗号
    サーバ側で暗号化するため、全てのメールの添付ファイルを確実に暗号化します。
  • あらゆるメールに対応
    サーバ側で暗号化するため、Webメール、グループウェア等メールの種類を選びません。このため現在使用しているメールソフトをそのまま使用することができます。
  • パスワードの一元管理
    safeAttach が使い捨てパスワードを自動生成します。生成されたパスワードはランダムな文字列となるため、解読は極めて困難です。(固定パスワードの使用も可能)
  • 柔軟なルール設定
    社内へのメールは暗号化しない、特定ドメインに送付する際は固定パスワードを使用する、 ”.doc”で終わる添付ファイルのメールは送信をブロックするといった動作ルールを社内規程に応じて柔軟に設定することができます。
  • メールアドレス漏洩の抑制
    To、Ccに設定されたメールアドレスの数をカウントして、設定したアドレス数を越える場合はメールの送信をブロックします。

【ラインアップ】

  safeAttach safeAttach
Enterprise
BRSA-03STD BRSA-03HA BRSA-3V
形状 アプライアンス アプライアンス ソフトウェア
(VMware対応)
ソフトウェア
HDD二重化
(RAID1)

(RAID1)
N/A N/A
電源二重化 × N/A N/A
サイズ(mm) 42.7×447×546.1 42.6×482.6×786.3 N/A N/A