プレスリリース

Webセキュリティスイート 緊急販売!!
~Web書き換え対策用ソフトを統合パッケージ化~

2000年2月7日
株式会社アズジェント

ワールドクラスのイントラネット/インターネット向けパッケージドソリューション提供を主業務とする株式会社アズジェント(代表取締役社長:杉本 隆洋 所在地:東京都中央区日本橋)はこの度、Web書き換え対策用統合パッケージとして「Webセキュリティスイート」を販売いたします。

【背景】

官公庁のホームページが書き換えられるといった事件が相次いで発生し、様々なメディアで話題となっています。インターネット上の会社の顔であるホームページが書き換えられるということは企業において信用の失墜となり得るため、対策をたてることが急務となっています。不正アクセス対策というとファイアウォールを連想しがちですが、ファイアウォールを設定していてもWeb等公開サーバのセキュリティ対策としては不十分です。

まず、ファーストライン・ディフェンスとして、サーバのあらゆるリソースに対するルート権限(スーパーユーザ)を分散化する必要があります。スーパーユーザを分散化することによって、日々発見されるセキュリティホールから、不正にアカウントを取られてもクラッカーは必要とするリソースにアクセスすることが不可能、もしくは、いちじるしく困難になります。

次に、セカンドライン・ディフェンスとして、万が一Webの書き換えが発生しても即座に正しい情報に書き直すシステムを整える必要があります。もし、書き換えが発生しても短時間(数10秒)で修正することができれば、外部の目にさらされる可能性が少なくすみます。

また、予防監査・追跡監査としてWebサーバへのアクセスログを解析することにより、侵入アテンプトの早期発見を行い、予防措置をとることができます。

このような背景のもと、アズジェントでは、Web書き換え対策に必要なソフトウェアを統合化した「Webセキュリティスイート」を緊急販売いたします。ファーストライン・ディフェンスとしてトラステッドOS(サーバOSアクセス権限ソフト)「AutoSecure ACX(旧:SeOS)」、セカンドラインディフェンスとしてサーバ監視ツール「SiteScope」、予防監査・追跡監査ソフトとしてログ解析ツール「WebTrends Firewall Suite」を組み合わせてパッケージ化することにより、企業ユーザは手軽にWeb書き換え対策を行うことが可能となります。

【Webセキュリティ スイート概要】

■出荷予定時期
2000年2月16日
■販売予定価格
スタンダード(リモート版)……\528,000
(AutoSecure ACX、SiteScope(NT)、SiteScope Remote Monitoring(UNIX))
スタンダード(ローカル版)……\628,000
(AutoSecure ACX、SiteScope(UNIX))
アドバンスド(リモート版)……¥798,000
(AutoSecure ACX、SiteScope(NT)、SiteScope Remote Monitoring(UNIX)、WebTrends Firewall Suite)
アドバンスド(ローカル版)……\898,000
(AutoSecure ACX、SiteScope(UNIX)、WebTrends Firewall Suite)
*アドバンスドとスタンダードはログ解析ソフトの有無が違いとなります。
*リモート版とローカル版はモニタリングモジュールのインストールがローカルマシンか(この場合でも、クライアントから設定監視が行えます。)、リモートマシンかの違いとなります。

【各商品の概要】

■AutoSecure ACX (旧SeOS)-ファースト・ラインディフェンス
開発元:コンピュータ・アソシエイツ株式会社
スーパーユーザ権限の分散化とユーザ、アカウント認証の多重化を行い、UNIXやWindowsNTにセキュリティ機能を附加します。それぞれの標準OSでは不可能な権限の分散化(スーパーユーザやユーザ権限)により、万が一、不正にアカウントをとられても侵入を食い止めることができます。さらに、ユーザからのログイン要求やサーバへのTCP/IPサービスの要求に対しても、単にユーザ名、パスワードをチェックするだけでなく、正しいIPを保持しているかのチェックも行う為、不正ユーザのなりすまし行為を防止することができます。「AutoSecure ACX」は米国の金融機関等で広く採用されているトラステッドOSです。
SiteScope-セカンドライン・ディフェンス
開発元:Freshwater Software、Inc. (フレッシュウォーター・ソフトウェア)
サーバの稼動状況やネットワーク・アプリケーションを監視するサーバ監視ツールです。リモート又はローカルでWebページのサイズ、日付、内容を監視し、もしWebの書き換えが発生した場合、正規コンテンツに書き換えを行ったり、管理者に通知(E-Mail、ポケベル、SNMPトラップ)を行うことができます。「SiteScope」は世界中の政府機関、ISP、大企業など200社以上で採用されている豊富な実績をもったソフトウェアです。
WebTrends Firewall Suite-予防監査・追跡監査
開発元:WebTrends Corporation(ウェッブ トレンズ・コーポレーション) ファイアウォール・ログ・ファイルを即座に処理し、ファイアウォールのあらゆるアクティビティについてクリアで包括的なレポートを提示することのできるファイアウォール・ログ解析ツールです。ログ・ファイルをビジュアル化することにより、禁止ポートにアクセスを試みたユーザなど不正アクセスらしきアクセスを効率的に発見することができます。200種類を越えるレポートの作成が可能で、あらゆる角度からの分析が簡単に行えるため、日常運用でのセキュリティ確保に威力を発揮します。「WebTrends Firewall Suite」は米国販売実績No.1(ZDnet 「Inter@ctive Week」1998年3月調べ)を誇るログ解析ソフトです。