サービス情報セキュリティサービス

適切な内部監査を実施することにより
適切なリスク管理やコンプライアンス能力を高める 情報セキュリティ監査

資料請求・お問合せ

情報セキュリティ監査の主な目的は、情報資産に対する情報セキュリティ対策が適切に整備・運用されているか否かを、検証・評価することにあります。被監査部門(監査される部門)から独立した監査人が公平かつ客観的な立場で内部監査を行うことにより、対策状況を把握するとともに、問題点を洗い出すことができます。また、同時に組織自身で問題点発見する仕組みを構築することができます。

アズジェントの情報セキュリティ監査サービスでは、内部監査人がいない組織において、内部監査を代行するとともに、今後、自社で内部監査を実施できるよう内部監査人育成の支援を行います。 

特長

  1. 監査業務に精通した監査人が支援
    官公庁、金融、サービス業をはじめとるする様々な組織の情報セキュリテイ監査を行ってきた豊富な実績をもつ監査人が内部監査を支援します。
    平成26年度「情報セキュリティ監査企業台帳」
  2. 自社で内部監査を実施できるためのお手伝い
    内部監査の本質は、自社のビジネスモデル、組織体制などを理解した上で組織内の独立した監査人が客観的に監査を行いうことにあります。アズジェントでは、自社で内部監査体制を確立したいという組織の支援をします。実地での内部監査を通じて、監査のノウハウをお伝えし、自社のみで内部監査を実施できるよう支援します。

効果

  1. 情報セキュリティ対策が適切に整備・運用されているかを把握
    内部監査はPDCAサイクルにおけるC(Check)にあたります。内部監査を行うことで、自社のセキュリティ対策が適切に運用されているかを把握することができます。また、問題点を洗い出すことができるので、セキュリティを向上させるための次なる対策を行うことができます。
  2. セキュリティ意識の向上
    自社で定期的に内部監査を行うことにより、経営層から現場までを含めた社内全体でのセキュリティ意識が向上します。また、自社内で問題点把握、改善する浄化システムが構築できます。

サービスの流れ