サービス情報セキュリティサービス

サイバー攻撃への事前対策のための脅威インテリジェンス
IntSights Threat Intelligence サービス

資料請求・お問合せ

世界的に大規模なサイバー攻撃が増え続けています。攻撃の予兆を知りサイバー攻撃に備えるには、自社に関連する情報が様々なサイト(サーフェスウェブ、ディープウェブ)上でやり取りされていないかを正確に把握する必要があります。また、ダークウェブでやり取りされている攻撃キャンペーン(トレンド)をいち早く知り、自社のセキュリティ対策に反映させることも重要です。例えば、ダークウェブに存在する攻撃対象リストに企業名が載っていることを発見できれば、攻撃を受ける前に対策を立てることが可能となります。
IntSights Threat Intelligence サービスは、ダークウェブやディープウェブだけでなく、サーフェスウェブでやり取りされる様々な情報を独自のアルゴリズムと機械学習を用いて収集します。利用企業は、自社に関係のあるキーワード(WEBドメイン、役員名、ブランドなど)を登録することで、自社の脅威となる情報をアラートとして受け取ることができます。

特長

  1. 脅威分析 インテリジェンスの提供
    独自のアルゴリズムと機械学習を用いてダークウェブ、ディープウェブ、サーフェスウェブの情報を収集します。企業名・役員名・ブランド(日本語・英語)、ドメイン名、IPアドレス、機密プロジェクト名、BINコードなどの情報をもとに企業の情報が流出していないかチェックし、自社に限定したインテリジェンスを提供します。
  2. 自動修復機能とセキュリティハブ機能
    内部および外部の脅威を特定し、アクションを起こすことにより、脅威レベルを緩和します。
    ・フィッシングサイトや悪質なドメインに対し、ワンクリックでテイクダウン(削除依頼)
    ・主要なファイアウォール、エンドポイント、SIEM等と連携し、自動でデータをアップデート
  3. 脅威分析
    攻撃者への対応および偵察調査をはじめ、組織を標的にする脅威に関するインテリジェンスを入手し、傾向を見つけるための調査や研究を行うためのツールを提供します。
    ・国・業界別脅威の調査と分析
    ・ダークウェブを分析し、攻撃キャンペーン等のトレンド情報を提供
    ・数万の情報源から集めたリンク情報を集約することにより、なりすまし等のドメインを特定